発達障害

凸凹キッズ「がっこうあるある」1

 こんにちは、岸渡です。    今日は学校でよく見られる事象、「学校あるある」の一つについてお伝えしたいと思います。  小学校などでクラスを見ていると、発達に偏りがある子、凸凹がある子というのは必ずいます。発達に凸凹のある子たちって、ど...
発達障害

息子のこだわりにお付き合い

   こんにちは、岸渡です。    今日は息子と一緒に昨日から公開された「鬼滅の刃」の特別興行というのを見てきました。    うちの息子はASDチックなわけですけれども、まあ典型的なアニオタくんですね。アニオタくんなんですが、特に声優さ...
発達障害

立派に成長はしてきたけどね

 こんにちは岸渡です。  今日は「立派に成長してきたけどね」というテーマでお伝えしたいと思います。    私事で恐縮ですがうちの息子、おかげさまで自己肯定感も高く成長することができました。今高校3年生ですが自立への道を確実に自らで切り開...
発達障害

発達障害と学校2 「特別支援学級と先生」

  こんにちは、岸渡です。  今日は特別支援学級の先生ということでお伝えしたいと思います。特別支援学級にお子さんが通ってるおうちもあるかと思いますが、その先生方がどのようにして決まっているか、採用されているかということを、先生方の統計調...
発達障害

発達障害と学校 1 「どこに通う?」

 今日は「どこに通う?」というテーマでお伝えしたいと思います。  どこに通うというのは、実際に発達に偏りのあるお子さんが通常学級に通うのか、支援学級や支援学校等に通うのかという話です。支援に関するシステムというのは、国の方針も受けながら...
発達障害

発達障害の子と医療3「服薬」

こんにちは、岸渡です。  今日は服薬というテーマでお伝えします。服薬というのはどうしてもいろいろ議論が起きやすい所ですが、必要か必要じゃないかという形での議論は望んでいないのでよろしくお願いします。  息子の経験談ということでお伝えをし...
発達障害

発達障害の子と医療2「診断は確かか」

 診断は確かかというテーマでお伝えします。 お母さん方やお父さん方の投稿とかブログとかを拝見していると、「うちの子は ASD プラス ADHD です」みたいな書き方をされてる方がいらっしゃいます。それ自体は何の問題もないのですが、時々気...
発達障害

発達障害の子と医療 1 「当たり外れ」

お子さんの発達が気になった時に、医師に診てもらうかどうか悩まれた方、とても多いと思います。今まさに悩まれている方もいらっしゃいますよね。   学校や外部教育機関の支援で十分と考える方もいれば、やっぱり受診したいと考える親御さんもいます。...
発達障害

アンガーマネジメント

 これまでにも何回かお伝えしていますが、発達障害を抱えるお子さんを育てるに当たって最も重要な事は「自己肯定感を下げないようにする」事です。自己肯定感が低いまま成長すれば様々な弊害を起こす可能性がある事もお伝えしてきた通りです。  発達の偏...
発達障害

発達障害児への支援その3「二次障害」

 発達書害を抱えているお子さんは、これまでにもお伝えしてきているように周囲の人達との関係性に違和感を常に感じながら生活しているため、定型発達の人に比べ大きなストレスが蓄積していきます。そのため、そのストレスがトリガーとなって本来の特性とは...
タイトルとURLをコピーしました