子供の自己肯定感を下げないために、子供の行動を予測することが必要なわけですが、
実際に100%予測することは不可能です。

また、予測が苦手な方もいるでしょう。

そんな場面でも、そんな方でも、「感情的に怒ってしまう」ことを抑える方法があります。

それが「アンガーマネージメント」です。

読んで字の如くですが^^;

教育現場では、体罰防止などの手法として教員の研修としても取り上げられています。

この「アンガーマネージメント」、方法としては特段難しくはありません。
感情が高ぶって怒鳴ってしまいそう、感情的に怒ってしまいそう、その時に声を出すのを一瞬我慢してください。
そして、6秒我慢してください。
そうすると、高ぶった気持ちが少し収まり、冷静な判断力が頭の中で復活していきます。

私も教員時代、生徒の行動にカッときたことが何度もあります。
頭の中でなにかプチっと切れる感じ(文字通り「堪忍袋の緒が切れる」ですね)が実際にしたものです。
でも、その勢いで怒ってしまうと、それは指導ではなくて感情的な怒りでしかありません。
そこでなんとか6秒ぐっと堪えると、本来伝えるべき話を伝えられるようになるんです。

ぐっと堪えることは直ぐにできないかもしれません。
練習も必要だと思います。
でも、知っていれば、意識していればいつかできるようになります。

感情な怒りでなくても応用できる場面があると思います。

ぜひ、子育てに活かしてみてください。

カテゴリー: 子育て

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です