日本は地震の活動期に入っています

今朝、北海道で大きな地震がありました。
被害に遭われた方、とにかく安全を最優先にお過ごしください。

気象庁的には今後
「胆振地方中東部地震」
と名付けそうですが、被害が広範囲なことも含め、メカニズム的な視点でも公表が進むことを望みます。
今後の対策にも重要な情報ですので。

当然、今は被害に遭われた地域、方々のことが最優先なわけですが、
多くの情報が出ていますし、支援のあり方も議論がされてきているので、
ちがった話をここではします。

東日本大震災以来、地震が頻発しています。
明らかに地震には周期があって、今は地震の活動期に入っています。
歴史が好きな方は、安土桃山時代の地震の数を調べてみてください。
この頃も活動期だったのですが、本当に多くのお城が地震で倒壊しています。
日本各地でです。

何が伝えたいのかというと、
今は日本のどこでも、いつでも地震が起こりうるということです。
南海トラフだけが心配なわけではないです。
こう言っても、北海道の方のことを心配されている方でも、
明日、自分に地震が来るとはあまり思っていない。
正常化バイアスの一つですね。

ご自身のこととして、備えてほしいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする