新型コロナウイルス 国として休校の要請を

安全安心

今日(2月26日)、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、北海道教育委員会が道内の公立小中学校の一斉休校を要請しましたね。とても素晴らしい決断だと思います。

それに対し、昨日の文部科学大臣の会見では、「市町村単位で複数の感染者が出ている場合に、思い切って(全体で)休校にすることも選択肢に入れてほしい」という談話がありました。

北海道では児童の感染者が報告されていますので、文部科学省の方針を受けての全校休校なのだと思いますが、国が感染拡大を本当に抑えていきたいと考えているのなら、「複数の感染者が出ている場合」といった条件などつけず、全国の都道府県、政令指定都市に全校休校を要請すべきですね。

 

なぜなら、感染症の拡大にはこれまでも園や学校が大きく関与してきていることが明白だからです。

インフルエンザを考えてもらえばすぐに分かりますが、インフルエンザが流行したときに園や学校が学級閉鎖などの措置をとることはあっても、イベントの自粛や企業のテレワークなどが実施されたという話はほぼ聞いたことがありません。園や学校は感染のリスクが高いということの現れですよね。

実は単純に子供の感染を防ぐためだけに学級閉鎖などを行ってきたのかもしれませんが、そうだとしても、私の経験上、園や学校は感染症が拡大しやすい環境だということは断言できます。それは、

1子供は手洗いなどの予防措置を自分でしっかりやることは難しい。

2園や学校は給食などの食事を摂るときも含めて顔を突き合わせる活動がかなり多い。

3ウイルスが付いた施設や教具を消毒するのはかなり困難な作業であること。

といったことからです。

 

現在の新型コロナウイルスの件について考えた場合、

感染していても無症状の期間が長い、あるいは症状が出ない。

症状が出ていなくても他人に感染させる可能性がありそう。

ということを踏まえれば、「複数の感染者が出ている場合」などと言っている場合ではなく、イベントの自粛や時差通勤の呼びかけよりも、何よりも先に国内すべての園や学校の休園、休校が必要だし、感染拡大には効果があると思うのですがいかがでしょうか。

共稼ぎのご家庭などで対応が厳しいというのは重々承知していますが、国民の命を守ることを考えればやむを得ないし、国としての英断が必須だと思います。

ちなみに、各学校は教育課程に定めた授業時数を年度内に実施しなければならないという縛りがありますが、学習指導要領解説(総則編)には、「災害や流行性 疾患による学級閉鎖等の不測の事態により当該授業時数を下回った場合,その確保に努力することは当然であるが,下回ったことのみをもって学校教育法施行規 則第51条及び別表第1に反するものとはしない」と明確に示されていますので、文部科学省が事後の対応についてもはっきりと示せば授業が減ったとしても何ら問題はないはずです。

(児童生徒の負担や教員の働き方改革などを考えれば安易に長期休業中の振替などもしてほしくないですが・・・)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました