子供の褒め方の基本

子育て

子供の自己肯定感を高めるには、子供を褒めることを習慣化してもらいたいのですが、効果的な褒め方の基本があります。
褒める言葉ですが、ベーシックな言葉は「すご~い」「えらいね~」です。
これまであまり褒めていなかったという方は、まずはこの言葉で褒めることの習慣付けをしてみてください。

褒める言葉掛けができるようになったら、次は、声を掛ける時に顔の表情を豊かにして、手の動きをつけるなどの動作を併せるようにしてください。
声だけでなく体で表現するということですね。

これはなぜかというと、子供によって、聴覚が優位な子と視覚が優位な子とがいるからです。
視覚が優位な子は、目で見たものに対して認知が強いため、音による情報が入りにくい可能性があります。
感覚の認知は検査をしないとわからないですから(経験は意外と当てになりません)、貴方のお子さんがどちらの感覚が優位かわからない以上、両方の情報を伝えたほうがいいわけです。
もちろん、聴覚と視覚の有意差がなかったとしても、両方の刺激があったほうがより効果的になりますから、貴方が褒めた行為はお子さんにより伝わることは言うまでもありません。

ぜひ、ボディランゲージを加えて、「すご~い!」といっぱい褒めてあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました