LDとは?

発達障害

 LDとは、「学習障害」「限局性学習症」と呼ばれます。文部科学省の定義によると、

「学習障害とは、基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。」

とされています。医学的には少し定義が違いますが、本人に困り感があることには違いはありませんのでここでは割愛します。

 学習障害は3つのタイプに分類されます。

・読字障害(ディスレクシア)

見た文字を判別して読んで理解したり、音にするのが苦手です。読むことに障害があると、結果として文字を書くことにも困難を感じる場合が多いです。読み書き障害と呼ばれることもあります。事例としては、

文末などを自分の好きなように変えて読む。
単語や文節など不自然なところで区切って読む。
助詞の「は」を「わ」と書く。
「め」と「ぬ」などかたちが似ている文字を間違えて書く。
文字を反転させて書いてしまう。
自分で書いた文字を読めない。

等が挙げられます。

・書字表出障害(ディスグラフィア)

「文字が書けない」「書いてある文字を写せない」などの書くことが苦手です。事例としては、

書き文字がマスや行から大きくはみ出してしまう。
文字を書くときに鏡文字を書く。
年相応の漢字を書くことができない。
文字を書く際に余分に線や点を書いてしまう。
間違った助詞を使ってしまう。
句読点などを忘れる。

等が挙げられます。

・算数障害(ディスカリキュリア)

数字や記号を認識することが著しく困難で、そのため書かれている数字や数式を理解できていなかったり、論理的に考えて答えにたどり着く推論が苦手だったりします。事例としては、

数を数えるのが苦手、時計が読めない。
数が大きくなってくると数の大小の区別がつきにくい。
繰り上がり繰り下がりのある足し算・引き算の暗算が苦手、いつまでも指を使って計算する。
九九がなかなか暗記できない、九九を暗記しても計算と関連づけられない。
応用問題が解けない。

等が挙げられます。

 

 事例を挙げたので分かりやすいと思いますが、これらの様子は幼少期や学習初期には健常児でも見られる様子です。また、逆に知的障害の子供にも見られる様子でもあります。そのため、親御さんだけでなく園や学校の先生でも「学習障害では?」と気になるまでに時間がかかり、手立てを打つのが遅れがちになります。その間にも勉強が出来ないことに苦しんだり友達にバカにされたりして心が傷ついていきますので、早期の発見が必要になります。

 ですが、今挙げた理由は学習障害を的確に診断することも困難にします。また、ASDやADHDほど親自身の困り感が強くないため、後手に回ることが多いハンディキャップだと感じています。多くの子供達と接してきた経験から言って、ASDやADHDと比べてLDと診断されていた子供は少ないです。

 私の息子もLD的要素はありますが、診断自体はされていません。今でも漢字はもちろん、カタカナは読み書きともに苦手です。例えば、「ス」と「ヌ」の違いが認知しにくいみたいです。小学生の頃は数字の「4」を「よん」と「し」と二通りに読むのがだめでした。「よん」が定着していると、九九の「4の段」は暗証して覚えることはできません。

 

 LDは発達障害の中では早くから認知されていたにもかかわらず、現状ではASDやADHDに比べ表に出てきにくいため、私は勝手に「発達障害の時限爆弾」と呼んでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました