発達障害の子と医療3「服薬」

発達障害

こんにちは、岸渡です。

 今日は服薬というテーマでお伝えします。服薬というのはどうしてもいろいろ議論が起きやすい所ですが、必要か必要じゃないかという形での議論は望んでいないのでよろしくお願いします。

 息子の経験談ということでお伝えをしていくんですけれども、私自身の自分の考え的には服薬は必要だったらすればいいと思っています。なぜかと言うと、薬の副作用がどうかとか色々と考えられる方いらっしゃると思うんですが、私は、今が少なくとも薬のおかげで子供が苦しみから解放されるのであれば飲んだ方がいいなと思ってます。飲まないとどうなるかと言うと個性が表に強く出ることでトラブルになって、結果自己肯定感が低いまま大人になっていく。そうすると2次障害を引き起こす可能性が高くなるのでそうなってしまっては薬の副作用どころではないじゃないかなと思ってるんですよね。

 で、実際の息子の服薬の話です。前回もお伝えしたんですけど息子は一回転院しています。転院の前は ADHD という診断でした。その時にお医者さんからお薬の話があって家庭内の事情もあってコンサートではなくストラテラを選択しました。当時はその二つの選択ぐらいしかなかったんです。転院をした時に ADHD よりは自閉の方が強いような広汎性発達障害という診断を受けたのでドクターに「服薬って継続する必要ってあるんですか」と言ったんです。そうしたらドクターはどうされたかというと、息子に向かって「お薬飲み続ける?」って聞いたんですよ。その時の息子の答えが秀逸でして「うん勉強ができるようになるか飲む」って言ったんです。この薬に勉強ができるようになるような効果あったっけって思ったんですが、息子の本意は違うんです。彼なりの表現なんですけど、「集中して落ち着いて学習に望めるから結果として授業が分かってお勉強ができるようになる」という理屈なんですね。だったら続けようかということで服薬を続けたんです。それが大体小学校3年生ぐらいだったんじゃないかなと思います。今度は飲むのをやめた時ですが、中学2年生後半ぐらいだったでしょうか、息子が先生に言ったんです「先生この薬飲んでるとなんかもやがかかってるみたいですごく気持ち悪いからもう飲むのを辞める」と言い出したんです。あーそうなんだ、じゃあ辞めとこうかという感じで、そこから服薬は中止になりました。ちなみにその時に息子に「飲まなくて落ち着かないとか友達とトラブルになるとかそういうのどう」って聞いたら「うん、もう俺自分でコントロールできると思うよ」と言ったんですよね。

 つまりですね、うちの息子に限って言えば、わずか小学校3年生から中2までの間に薬の効果を漠然とではなくちゃんと理解をしてきて、しかもその薬に頼らなくても「コントロールができるという自分の自信」が生まれて、そこで「いらないよ」という判断をしたんです。これってめちゃくちゃすごい成長だと思うし、彼の中で薬を認知していてちゃんと受け入れていたということです。これであれば服薬をやめたとしてもトラブルの発生は少ないでしょうし、彼の自己肯定感が周囲の言葉などによって傷ついて低くなっていくということはおそらくないだろうなと私は感じたんです。

 ですから親からすると薬の判断って難しいかもしれないですけど、飲んでる子供当人は意外と薬の効き目を自覚しながら飲んでいるんだろうなあというふうに思いました。将来的に副作用などの影響がもしかしたら出てくるかもしれないですけど、プラスの影響の方が大きいかな。自己肯定感が低いまま大人になって二次障害を起こしたらそういうところじゃないですから。今では私もそんなふうに捉えてますが、息子がああいうセリフで飲み始めて、ああいうセリフを自分から切り出して服薬を止めるなんて思ってもいませんでした。本当に子供ってすごいな、可能性あるなと思いました。親だけの判断じゃダメですね。子供が前向きにとらえる事ってすごく重要じゃないかなという風に思ったエピソードのひとつです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました