立派に成長はしてきたけどね

発達障害

 こんにちは岸渡です。

 今日は「立派に成長してきたけどね」というテーマでお伝えしたいと思います。

 

 私事で恐縮ですがうちの息子、おかげさまで自己肯定感も高く成長することができました。今高校3年生ですが自立への道を確実に自らで切り開いてくれてます。

 これだけ自己肯定感が高くなって親元を離れるというところまで来ている過程というのはまたお伝えして行きたいな、皆さんにも紹介して行きたいな、と思っているのですが、それはまだ置いといてですね、実は明日、自分で決めた専門学校の面接があるんです。進学自体はもう決まっていて、そこにプラス特待生面接というのに果敢にもチャレンジをしてます。練習も学校の先生とやって来たんですけれども、直前になるとやっぱり予期不安のものすごい大きい子ですから、最近なかったのがやっぱりニョキニョキと顔を出してきました。

 私自身はつい一般論的に「もうさすがに専門学校の試験だから1人で行けよなあ」なんて言っていたんですが、夕べ「もしかして一緒に行った方が良いの?」って聞いたら「来てよ」 の一言が返ってきましたね。不安の中で1人で葛藤していたんでしょうね、つい本音が出てきてくれました。まあここは「しょうがないなやっぱり」などと余計なことは考えずに、「いいよ行ってあげるよ」と言う返事をしました。

 高校までのかなり守られた社会で過ごしてきた彼にとって、独り立ちをするというのはとてつもないハードルなんだと思います。でも自分で考えて、自分の特性に合った職業を探して、そのために専門学校も決めて・・・やれるようになるんですよね。でもちょっと不安、 特に初めてのことはめちゃくちゃ不安、それが彼の特性ですから、慣れるまで、自力で突破できるようになるまでは、もう少しサポートしてあげる必要があるのかなーなんて思ってます。

 まあ、面接が終わったら出来不出来は関係なく、久しぶりに親子二人で都心のラーメン屋にでも行って、祝杯ならぬ祝麺を挙げてみたいと思っています。

 幸い台風も逸れてきているので、雨は前線の影響でかなり酷いですし今日1日は大変だと思いますが、明日は違う意味で「晴れた日」になればいいなと思ってます。それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました