息子のこだわりにお付き合い

発達障害

 

 こんにちは、岸渡です。

 

 今日は息子と一緒に昨日から公開された「鬼滅の刃」の特別興行というのを見てきました。

 

 うちの息子はASDチックなわけですけれども、まあ典型的なアニオタくんですね。アニオタくんなんですが、特に声優さんとかそういう方のこだわりがめちゃくちゃ強いです。また特別興行というのは舞台挨拶全国中継という回だったので、初日ではなく今日の朝一の回に行ってきました。うちのアニオタくん、特にネット情報でネタバレを見るのが大嫌いなので 「君の名は」も「天気の子」もはたまた私がよく知らないアニメも、大抵、公開初日の午前中ぐらいに行っちゃうタイプなんです。

 が、まあ今日は声優さんの方優先でということで、彼の中の基準はそっちになるんだなと思いました。で、実際に見終わってからもまあよく語ります。誰々のセリフがどうとか、Lisaさんの歌は本当にマッチしていたとか、あっ、これネタバレになっちゃいますね^^; 内容は言わないですけど、兎角ですね色々語ってくれてまして、私も話が分かるところは一緒になんとか会話をして、わからないところは相槌になっちゃったりしますけど・・・

 

 まあでもこれだけ熱中することがあるっていうのは本当にいいことですね。あのうお子さんが小さい場合ですね、ゲームばっかりしてとか、テレビばっかり見てとか、ユーチューブばっかり見てとか、そういう風に思っちゃうかもしれないですけど、私は好きな事はとことんさせていいと思っています。少なくともうちはそうしてきました。結果として特に何も困っていません。はい。

 

それで進路も先日決まりました。ちゃんと見つけるものなんですよね。自分で。そのうち、進路の決め方とかをうちはどうしたかということとか、また追々お伝えできればなと思っています。まあ「好きなものをとことん極めさせていいんじゃないかな」、「それがたとえゲームでも何でもいいんじゃないかな」と思った今日一日でした。本当に一緒に見に行って 楽しかったですよ。それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました